\n"; ?> スキンケア:顔の 肌荒れ対策委員会

唇の荒れ

唇のという部分は、顔の中でも意外と目に付きやすく、気になる場所だと思います。
唇がガサガサで荒れていると、口紅のノリも悪いし、女性なら1日これで過ごすのかと思うと憂うつになりますよね。
せっかく治ってきていても、食事や外部の刺激によってなかなかよくならない場合もあります。

そこで唇の乾燥に対しての、改善方法をあげていきたいと思います。
唇は足の裏と同様に、皮脂腺が少なく、バリア機能を作れず、角質層も薄いので乾燥がしやすくなります。
唇は、肌の6倍も乾燥してしまうという話もあります。
体調や生活習慣によって、唇の乾燥は肌の乾燥と同じように大きく関係しています。
ビタミンCとビタミンBが不足すると唇の荒れは、ますますひどくなるので、なかなか良くならないという人は、サプリメントなどで補うようにしましょう。

「乾燥がきになるので、唇にリップグロスで潤そう」と思って塗ってしまうと、後から余計に荒れてしまう可能性があります
リップグロスは、唇には刺激が強いので、荒れている時は、なるべく使用しない方がよいでしょう。
唇が荒れている時に、どうしても口紅を塗らないといけない場合は、敏感肌用の口紅があります。
リップクリームを塗った後で、敏感肌用の口紅を塗るとよいでしょう

口紅を落とす場合にも、気をつけましょう。
専用リムーバーや、ティッシュでこすって落とすのは、唇にとって負担になります。
口紅を落とす時は、クリームタイプのクレンジング料で、落とすようにしましょう。
また口紅が落ちにくい時には、コットンにオリーブオイルをたっぷり含ませ、唇の上に1分間くらい置きます。
コットンでぬぐうように落としてから、クレンジングをすると、簡単に落ちます。
唇が荒れてしまった時は、気になるとは思いますが、こすったり、皮をめくったりしては、いけません。
昔は、おばあちゃんにハチミツを塗ればいいと聞いた事がありますが、今もワセリンとハチミツを半々に混ぜたものを作り、唇に塗る方法があるようです。
是非一度、お試し下さい。

デトックス サプリメント 効果 経皮毒


肌荒れのお手入れ

肌荒れをおこしている人の場合、お肌から水分がどんどんと蒸発していっています。
また、肌の状態が良くない時はに、「肌には何もつけないほうが良いと思っていました」と思う人もいるでしょうが、実は肌に何もつけないでいる方が、さらに水分を蒸発させてしまい、肌荒の原因となってしまう事が多いようです。
その他にも、肌荒れの時に化粧水だけをつけている人がいるようでうが、これも間違いです。
逆に化粧水だけでなく、美容液かクリームを塗って保湿を補いましょう。
敏感肌の人の場合、化粧品をつけるとかぶれを起こしやすかったり、チクチクしたり、ピリピリしたりする場合の人が多いと思いますが、チクチク、ピリピリだけの症状の人は、30分後くらいでその症状が消えると思うので、その化粧品を使いつづけても大丈夫なようです。

実際は、肌荒れの時ほど保湿をしっかりとしなくてはいけません。
しかしどんな肌の状態でも、肌に染みる化粧水や美容液は使わない方がよいでしょう。
肌が荒れている時は、水っぽいものほど染みて、油分が多いものほど肌には優しい傾向があります。
できれば肌荒れの時には、化粧水などは使わずに、クリームや乳液だけ使用するのがベターです。
もしクリームでも染みるようなら、ワセリンを塗って試してみて下さい。

肌荒れの時ほど、紫外線の対策は万全にして下さい。
日焼け止めクリームは、肌への負担が大変大きい化粧品です。
そのため日焼け止めクリームは落ちにくいくので、どうしても無理なクレンジングとなってしまいます。
肌荒れを起こしている時には、保湿クリームを塗った上からパウダータイプのファンデーションを塗って紫外線対策を行いましょう。
パウダータイプのファンデーションには、全て紫外線を防ぐ効果がありますので大変便利です。

そして肌荒れを起こしている時は、クレンジング+洗顔を行い、必ず保湿クリームを塗るようにしましょう。
このように徐々に肌を休めていくと、1週間も経つころには、肌も落ち着いてくるでしょう。

女性 資格 ユーキャン 通信講座 医療 資格


 

cms agent template0037/0038 ver1.0